鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 子ども

【セルフケア】吐乳におすすめのツボ

投稿日:

【セルフケア】吐乳におすすめのツボ

●中庭(ちゅうてい)
●身柱(しんちゅう)

【吐乳について】
「吐乳(とにゅう)」と「溢乳(いつにゅう)」の違いは簡単に言えば、乳を勢いよく吐くどうかと、吐く量の違いです(溢乳は“少量”の乳をだらだらと口から出します)。
溢乳であれば、赤ちゃんの生理的な現象なので、それ以上の原因や対処法を考える必要はありません。

【セルフケアの仕方】
中庭も身柱も1〜3壮のお灸が目安となっています。
が、お子さんの場合は反応がよく出てしまうので、温灸器で温めてあげるくらいがおすすめです。

温灸器でなくても、手で撫でてあげるだけでもOKです。
しっかりツボを意識して撫でてあげてください。

テラヘルツ波の棒があれば、それでサッと撫でてあげるのもとてもおすすめです。

身柱の反応はよく観察するようにしてあげてください。
骨の両際にハリがあるだとか、骨と骨の出っ張りが詰まっている感じがするだとか、凹みが強いだとか、体調が悪いときにはなにかしら変化があります。

【おまけ】
小さなお子さんの場合、言葉が通じないだけに不安が絶えないと思います。
病院という選択肢以外に、自宅でできるケアという選択肢も少しだけ考えてみてくださいね。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM
画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-セルフケア, 子ども

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.