鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 皮膚疾患

【自宅でできる】蕁麻疹におすすめのツボ

更新日:

【自宅でできる】蕁麻疹におすすめのツボ

●肩髃(けんぐう)
●曲池(きょくち)
●裏内庭(うらないてい)

【蕁麻疹について】
じんましん(蕁麻疹)とは、皮膚の一部が突然、蚊に刺されたように盛り上がり、短時間で跡を残さず消えてしまう皮膚の病気です。 赤みや強いかゆみを伴いますが、たいていは数十分~1日以内に治まります。 原因を特定できるじんましんは全体の1~3割ほどで、多くの場合、原因ははっきりわかりません。(ネットより)

精神面も含め、疲労して体力や免疫力が低下していると蕁麻疹の症状が出ると考えられます。

症状が強く出ている身体の部位をしっかりと観察すると、東洋医学的にどのような臓器、精神状態と関わりがあるか読み解くことができるかと思います。

原因はストレスですねって言われるかもしれませんが、医師の言うその言葉は、他の病気にも当てはまりますよね。
原因が同じなら結果は同じはずなのに、蕁麻疹だったり他の病気だったりするのはなぜでしょうか?

他の要因等をしっかりと考えて解決する必要がありますね。

【ケアの仕方】※壮はお灸の数のこと、数え方
肩髃と曲池には5〜7壮、裏内庭には多壮とあります。
これはあくまで艾(もぐさ)の塊からお米くらいの大きさのお灸を手で作って行う場合の数です。
せんねん灸を使う場合に同じだけやると時間がかかるので、もっと気軽に少なめで大丈夫です。

1回あたりの数は少なくてもいいのですが、毎日行うことが大切です。
特に蕁麻疹の場合、日々の疲労等の積み重ねが強く関わるため、蕁麻疹になりやすい人は症状が出ていなくても行うようにしましょう。
症状が引いた後にも1,2週間の継続がおすすめです。

肩髃、曲池、裏内庭はポイントで効かせるお灸、せんねん灸を使用しましょう。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM

-セルフケア, 皮膚疾患

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.