鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 子ども

【セルフケア】おたふく風邪におすすめのツボ

投稿日:

【セルフケア】おたふく風邪におすすめのツボ

●然谷(ねんこく)
●身柱(しんちゅう)

おたふく風邪は耳下腺炎とも言います。
昔は近所の子がおたふく風邪になったと聞くと、わざわざもらいにいったとか。

絶対の正解があるわけではありませんが、子どものうちに済ませておくのは確かにいいのかもしれませんね。

東洋医学の施術というのは、病気そのものを治すというわけではありません。
身体の自然治癒力が適切に働けるようお手伝いをすることによって、本来、元々持っている身体の能力を100%発揮してもらうために治療をするのです。

そういった意味では、どんな病気においても本当の意味で重症化を防ぐといえるのかもしれませんね。

【セルフケアの仕方】
然谷は腎の火の属性をもつツボで、炎症の反応をチェックします。
自律神経にも大きく影響していたり、喉の反応にも影響していたりと重要なツボとなっています。
できるだけポイントで効かせるお灸をしたいのですが、お子さんの場合は火傷などに注意して行ってください。
一番いいのは、小児はりのような金属の棒で刺激してあげることでしょう。

身柱の反応はよく観察するようにしてあげてください。
骨の両際にハリがあるだとか、骨と骨の出っ張りが詰まっている感じがするだとか、凹みが強いだとか、体調が悪いときにはなにかしら変化があります。

お灸をする場合はどちらも1〜5壮が目安となっています。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM
画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-セルフケア, 子ども

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.