鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 子ども

【セルフケア】脳性小児麻痺におすすめのツボ

投稿日:

【セルフケア】脳性小児麻痺におすすめのツボ

●身柱(しんちゅう)
●筋縮(きんしゅく)

【脳性小児麻痺について】
脳性麻痺は1つの病気ではなく、脳の奇形や筋肉の動き支配する脳の一部(運動野)の損傷によって生じる一群の症状を表す用語です。 脳性麻痺の小児では、ときに脳の他の部分にも損傷がみられることがあります。 脳性麻痺の原因となる脳損傷は、胎生期、分娩中、出生後、または小児期の初期などに発生します。(脳性麻痺 - 23. 小児の健康上の問題 - MSDマニュアル家庭版www.msdmanuals.com › ... › 小児における神経疾患より)

【セルフケアの仕方】
身柱を中心に、筋縮にも小児はりのような刺激をしてあげましょう。
おすすめはテラヘルツ波の棒ですが、爪楊枝を10本ほどまとめて輪ゴムで束ねたものでも代用きます。
寝ていても置きないくらい優しく、つんつんと刺激してあげてください。
お子さんは反応がいいので、初日は少なめに15秒ほどおこなってください。

お子さんの家でのセルフケアは身柱だけをしっかり使っておけばある程度大丈夫です。
小児の疾患ではどんなときも身柱が重要です。
できるだけ毎日、身柱の反応をしっかり観察するようにしてあげてください。
骨の両際にハリがあるだとか、骨と骨の出っ張りが詰まっている感じがするだとか、凹みが強いだとか、体調が悪いときにはなにかしら変化があります。

【セルフケア】脳性小児麻痺におすすめのツボ

●身柱(しんちゅう)
●筋縮(きんしゅく)

【脳性小児麻痺について】
脳性麻痺は1つの病気ではなく、脳の奇形や筋肉の動き支配する脳の一部(運動野)の損傷によって生じる一群の症状を表す用語です。 脳性麻痺の小児では、ときに脳の他の部分にも損傷がみられることがあります。 脳性麻痺の原因となる脳損傷は、胎生期、分娩中、出生後、または小児期の初期などに発生します。(脳性麻痺 - 23. 小児の健康上の問題 - MSDマニュアル家庭版www.msdmanuals.com › ... › 小児における神経疾患より)

【セルフケアの仕方】
身柱を中心に、筋縮にも小児はりのような刺激をしてあげましょう。
おすすめはテラヘルツ波の棒ですが、爪楊枝を10本ほどまとめて輪ゴムで束ねたものでも代用きます。
寝ていても置きないくらい優しく、つんつんと刺激してあげてください。
お子さんは反応がいいので、初日は少なめに15秒ほどおこなってください。

お子さんの家でのセルフケアは身柱だけをしっかり使っておけばある程度大丈夫です。
小児の疾患ではどんなときも身柱が重要です。
できるだけ毎日、身柱の反応をしっかり観察するようにしてあげてください。
骨の両際にハリがあるだとか、骨と骨の出っ張りが詰まっている感じがするだとか、凹みが強いだとか、体調が悪いときにはなにかしら変化があります。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM
画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-セルフケア, 子ども

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.