鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 血管系

狭心症・心筋梗塞におすすめのツボ【セルフケア】

投稿日:

●侠白(きょうはく)
●曲池(きょくち)
●手三里(てさんり)
●郄門(げきもん)
●陶道(とうどう)
●身柱(しんちゅう)
●神道(しんどう)
●心兪(しんゆ)
●膏肓(こうこう)

・狭心症
心臓の筋肉(心筋)に供給される酸素が不足するために胸部に一時的な痛みや圧迫感が起きる病気のこと。
胸骨の後ろの部分に不快感や圧迫感がみられる。
※かんたんに→心臓の酸素が足りねえ

・心筋梗塞
心臓が酸素不足になり壊死する病気
※かんたんに→心臓の酸素が狭心症よりも足りなくて壊れてくる

狭心症や心筋梗塞に限った話ではありませんが、緊急時は西洋医学の救急医療を利用しましょう。
緊急性のないときに鍼灸治療、セルフケアを利用しましょう。

今回紹介しているツボは、発作が起きたときに身体に痛みとして心臓から広がっていくポイントがメインになっています。
ツボの数が多いですが、実際に発作を起こす人は血液の停滞(うっ血)が各所で起こっているため、上記のツボになんらかの反応(圧痛など)があります。

時間がない場合は、左側の心兪と膏肓にしっかり何回もお灸をするといいですよ。

心臓に酸素がなぜ供給されなくなるのか、という点では血流の良し悪しが大きく関わります。
血管自体が硬くなったり、内部で詰まったりすることは食事と大きく関わっています。
食事の質を見直すことは非常に大切です。

狭心症、心筋梗塞とは無関係でいる人でも、セルフケアをしておくことは可能です。
火の属性の要素が強い人、たとえばおひつじ座、いて座、しし座の方は心臓や血管の病気になりやすいため、セルフケアをしておく価値はありますね。
中封と尺沢で“瘀血”のケアをしておくことが身体の土台からのセルフケアとしておすすめですよ。 

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/

温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882

画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-セルフケア, 血管系

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.