鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

セルフケア 婦人科

【お灸ケア】子宮の位置異常におすすめのツボ

更新日:

【お灸ケア】子宮の位置異常におすすめのツボ

●左陽池(ようち)

【子宮の位置異常とは】
子宮は前屈したり後屈したり、位置が結構ズレます。
病的なものもあるようですが、鍼灸治療によっても位置が動いたりします。

【お灸の仕方】
ツボの数は多いですが、丁寧にケアしていきましょう。
子宮に対してアプローチするだけでは、一度元に戻ってすぐにズレます。
ズレる原因を解決していないからですね。
それでも、毎日しっかり続けることでズレが治ったりすることも期待できますから、ぜひやってみてください。

紹介は左陽池だけをさせていただきましたが、同じくらい重要なツボとして
●中脘(ちゅうかん)
●関元(かんげん)
●大腸兪(だいちょうゆ)
●腎兪(じんゆ)
●風市(ふうし)
●三陰交(さんいんこう)
があります。

お灸、せんねん灸等のポイントで効かせるお灸は、左陽池、風市くらいで十分です。
温灸器のようなエリアを温めるものは、中脘、関元、大腸兪、腎兪、三陰交に使いましょう。もちろん、お灸、せんねん灸でもいいですよ。

【おまけ】
日々の生活習慣、姿勢の問題で起こったと考えられる子宮の位置異常ですから、1回やっただけでの改善は見込めません。
それは鍼灸院等での治療も同じで、変わったとしても戻る可能性は大です。(よほどの神業ならできるかもしれませんが)

それでも、日々の生活の結果だと受け止めて、自ら改善することは重要です。
子宮の位置異常に着目する多くの方は、お子さんを授かりたい方だと思います。
お灸でのケアを含め、長期的な改善ができるといいですね。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
精神面の理解におすすめの書籍
https://amzn.to/370HO1S
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM
画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-セルフケア, 婦人科

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.