鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

Uncategorized

【セルフケア】メニエール症候群におすすめのツボ

投稿日:


【セルフケア】メニエール症候群におすすめのツボ

●三間(さんかん)、中渚(ちゅうしょ)

【メニエール症候群について】
メニエール病は、突然、回転性めまいの発作が数十分から数時間続き、同時に耳がふさがったような感覚や耳鳴りなどが繰り返し起きる病気。
めまいの頻度は人によりさまざまだが、発作を繰り返すたびに徐々に聴力が下がっていく場合もある。
過労やストレスがきっかけとなって発作が起こるといわれている。

自律神経が大きく関わる疾患ですね。

【セルフケアの仕方】
以下のツボは神経症に対して使用するツボです。
身体のベースの部分の調整をしてくれる。と考えて下さい。
そういった意味では、鍼灸院などで鍼灸師が使うツボとして認識していただければいいので、セルフケアの段階で使う必要はないかもしれません。
ガチでやりたい人にはおすすめですが、背中のツボが多いため、誰かに協力してもらっておこなってくださいね。
●身柱(しんちゅう)、神道(しんどう)、霊台(れいだい)、至陽(しよう)、筋縮(きんしゅく)
●完骨(かんこつ)、風池(ふうち)、百会(ひゃくえ)、瘂門(あもん)、然谷(ねんこく)、三陰交(さんいんこう)
これらのツボにお灸を5〜7壮ですが、せんねん灸であれば2〜3壮くらいにしておきましょう。

最初に紹介させてもらった
●三間(さんかん)、中渚(ちゅうしょ)
は、眩暈があるときにおすすめのツボです。
メニエール症候群の発作そのものに効かせるようなイメージですね。
三間と中渚もお灸は5〜7壮ですが、せんねん灸も同じくらいやってみましょう。
手なのでセルフケアしやすいと思います。

肩こりがあると治りが悪くなるので、
●肩井(けんせい)、天宗(てんそう)、膏肓(こうこう)
もできれば行なって下さい。
温灸器で気持ちがいい肩周りを温めるだけでも十分ですよ。

【おまけ】
自律神経の調整って、何をもって調整できているか計測することは難しいですが、一番わかりやすいのは呼吸のリズムや深さです。
それらを治療しながら観察することで、体の変化を予測できます。

逆にいえば、深呼吸をしっかりすれば、自律神経も少しは整ってきます。
本当に緊張しすぎなときは、深く呼吸を吸うことすら難しいですけどね・・・
そうなった場合、1番いいのは鍼灸治療だと胸を張っておすすめできます。

過去の記事はこちらから(カテゴリー別にしてます)
https://norikuma.com/
精神面の理解におすすめの書籍
https://amzn.to/370HO1S
温灸器はこちらから
https://koguma.official.ec/items/11229882
ツボの参考図書
https://amzn.to/3k1qYUM
画像は以下よりお借りしました
https://www.idononippon.com/

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.