Uncategorized

ファーストフードで体内に永遠の化学物質が入ってしまうことについて

更新日:

音声で聞き流しできます

みなさんこんにちは。

今日はファーストフードで体内に永遠の化学物質が入ってしまうことについてお話させていただきます。

結論からいうとフッ素化合物のPFASという物質が発がん性、甲状腺機能障害などと関連しているとされ、身体に残る危険性があるということです。

それでは詳しく見ていきましょう

まずフッ素化合物であるPFASについてですが、パーフルオロアルキル化合物といわれ、耐水性や耐火性を高めるために一般的な家庭用品などに大量に使用されているフッ素化合物のことです。

永遠に残る化学物質として欧米で大きな問題になっています。

ここで論文を紹介させていただきます。

2019年10月9日に学術誌で発表された論文は、ファーストフードを食べた人と手作りの料理を食べた人の血中のPFASの濃度について調べたもので、

20003年から2014年に1万人以上から採取した血液サンプル中のPFASをしらべたところ、約70%の血液から、5種類のPFASが検出されました。

ファーストフードの頻度について、過去24時間、1週間、1ヶ月の間にどれくらいファーストフードを食べたかも調査しており、

PFASの濃度との関係を調べたところ、24時間以内にファーストフードを食べた人は血中のPFASの濃度が高い傾向にあることがわかりました。

人体から速やかに排出される他の化学物質とは異なり、PFASは何年も残留するおそれがあり、最低でも数ヶ月は体内に残るようですから、

定期的にファーストフードを食べると、体内にPFASが蓄積されることになるようです。

ちなみに、どの程度の量で人の健康に悪影響が出始めるかは明らかになっていません。

しかしPFASはがん、甲状腺疾患、ホルモンの変化、体重増加などに関連があることは多くの研究によりわかっており、米国の一部では食品容器へのPFASの使用を制限する法令が可決されました。

2017年のファーストフードの包み紙と容器400種類についての調査では、パンとデザートの包み紙の半分異常にPFASが含まれていることが判明しました。

また、サンドイッチとハンバーガーの包み紙の40%近く、フライドポテトを入れる容器の板紙の20%にも含まれていました。

PFASは耐水性、耐油性にも優れ、とても丈夫で食品の持ち運びが容易になるため、包装の保護剤として広く添加されています。

紹介させていただいた論文の著者で、研究機関のローレル・シャイダー氏は、食品はPFASに接触する源の1つでしかないと言います。

冒頭のほうでも紹介させていただいた通り、PFASは一般的な家庭用品などに大量に使用されているのです。

塗料やカーペット、衣類にも一般的に含まれているため、現段階ではファーストフードを食べる頻度と健康への影響を関連付けることはできないとされています。

つまり、PFASを含んだハンバーガーを週に5個食べた場合と1個食べた場合の健康への影響度合いを測定するのは、その他の要因も多いために難しいということです。

ラットの実験でPFASに暴露した場合、一貫して肝臓や腎臓、免疫系に障害が出るという研究があります。

腫瘍の発生も広く見られ、がんや甲状腺異常を引き起こす兆候があったようです。

環境への影響も懸念されています。

たとえばごみの埋立処分場では、PFASが地下水に浸出する恐れが十分にあります。

実際に、環境NPO団体が発表した報告によると、カリフォルニア州の住民750万人が利用する水道水からPFASが検出されたそうです。

ワシントン州やサンフランシスコ市に加え、カリフォルニア州、ニューヨーク州、ロードアイランド州ではそれぞれPFASの規制が提案されています。

9月にはデンマークが世界で初めて食品包装への使用を禁止しました。

アリゾナ州立大学 環境健康工学センター 所長のロルフ・ハルデン氏は、

この論文の記載の内容がPFAS暴露の全てだと考えるようでは、

認識が甘いと言わざるを得ないだろう

この事態ははるかに広範に及んでおり、より複雑化している最中なのだ

と論文に付け加えています。

ファーストフードの危険性こそ、現代の日本では多少話題になることがありますが、こういった化学物質などにはまだまだ日本では目が向けられません。

話題に上がらないから日本は安全というわけではなく、消費者の関心がないために規制すらされていないという側面があるのです。

実際に、日本の電気自動車は、アメリカで販売されている車体には電磁波の規制があるため、生産の過程で対策されるそうです。

しかし日本の場合、規制がなければ消費者の関心もないため、わざわざ対策することなく販売されているそうです。

国や企業が悪いと文句を言っていても仕方ありませんから、我々消費者が多くのことに関心をもって行動する必要があります。

この動画が少しでも役に立ちましたら、ぜひ家族や友人にすすめてください。

チャンネル登録、高評価をよろしくおねがいします。

それでは

音声で聞き流しできます

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.