Uncategorized

【乳酸菌】腸内細菌の製品の危険性について

更新日:

音声で聞き流しできます

みなさんこんにちは。

今日は、腸内細菌は身体にいいのか、についてお話させていただきます。

結論からいうと、腸まで届くという謳い文句の製品を使ってはいけない。です。

昨今は様々な商品が販売されており、Rまるまるや、ビオフェ〇〇などを耳にしたことがあるのではないでしょうか?

日本人に1番多いガンは大腸癌といわれ、腸の不調については誰もが一度は考えなければならない問題かと思います。

それでは詳しく見ていきましょう

大前提として、菌に善悪はありません。

ある側面を見て、つまり人間に都合のいい部分だけをみて良い菌だとか、都合の悪い部分だけを見て悪い菌だといっているのです。

もちろん、菌は健康に対して一定の意味をもちます。

菌の分布する腸の機能は、消化・吸収だけではなく、ホルモン分泌、免疫調整、造血機能などが備えられています。

そもそも、腸は脳よりも先に作られる臓器であり、働きは脳に匹敵する臓器です。

昨今の死因の第一位は大腸癌です。腸の機能を落とす生活になっている人が多いという、なによりの証拠ではないでしょうか?

そういう意味では、腸内細菌などに意識があるだけ、R〇〇やビオフェル〇〇などの製品を使っている人はマシなのかもしれませんね。

しかし物事はそう単純ではなく、様々な側面を考えなければなりません。

ここで、改めて腸内細菌について考え直す必要があるのではないでしょうか。

腸内細菌は説にもよりますが、数百兆個と言われています。

腸内細菌といえば、善玉菌・悪玉菌と表現されますが、これが1番問題のある概念なのです。

発酵食品、ビフィズス菌、乳酸菌、万能酵母菌、これらは、摂れば摂るほど身体にとって悪影響を及ぼす可能性があります。

たしかに、一時的に病気や症状がよくなるという可能性はありますから、個人的にはやむおえず使用するのはアリだと考えていますが、常用するリスクについては今回の動画が考えるきっかけになれば幸いです。

人間の便には1gあたり1兆個の細菌がいるといわれています。

便の量自体もへっていることが統計的にわかっており、戦前は1日平均300gでしたが、現代は150から200g程度に減っているようです。

菌とおおいに関連があるため紹介させていただきますが、皮膚は洗いすぎるほど病気になることがわかっています。

あるデータでは、皮膚病の3分の1は洗いすぎが原因とのことです。

Oー157は、アメリカ、日本、フランス、イギリス、カナダ、北欧等の、いわゆる清潔な国にしか存在しません。

ちなみに便というのは食べカスというイメージをされる方が多いかと思いますが、腸内細菌の死骸が大半です。

では、腸内細菌、善玉菌を摂ると健康になるという話や、発酵食品を摂ると健康になる話の何が嘘なのかについてです。

腸が善玉菌だらけだと病気が増えるという研究があります。

生きたまま腸に届くというのは最低で、大企業の製品であれその他であれ、すべて身体に悪影響を及ぼすと考えてもらっていいでしょう。

本来、口から入るビフィズス菌は生きたまま腸に届きません。

胃酸でほとんどが死滅するからです。

中南米やメキシコの人の便は大きいというデータがあります。彼らは世界で有数に食物繊維を多くとっている民族の1つです。

食物繊維というのは、腸内細菌の餌になるだめ、その分便が大きくなります。

便の大きさと自殺率が反比例するという研究があります。

こういうと、食物繊維をたくさんとることがいいと先走ってしまう方がいますが、そう単純なことではなく、中南米やメキシコは他殺率が高い国だということも考えなければなりません。

もちろん腸内細菌だけで説明することはできませんんが、研究に照らして考えるのであれば、菌が多いほど人に攻撃的になるということになります。つまり、他罰的になるということです。

これは、腸内細菌が脳内ホルモンの前駆物質を作っているということに関係していると言えますが、精神薬や麻薬や覚せい剤の話とも共通しており、セロトニンやドーパミンというのは非常にリスクのあるホルモンであるということを考えなければならないのです。

つまり、ドラッグや精神薬と腸内細菌さえも共通項があるのです。

では逆に、腸内細菌が少なければいいのか?という話ですが、そういうわけではなりません。

マウスの実験で、腸内細菌がいるマウスといないマウスとの実験では、腸内細菌がいないマウスは非常に攻撃的になることがわかっています。

攻撃的というと、悪いイメージになりますが、絶対に悪いという意味でもなく、反対にいうと、攻撃的にならないということは奴隷的思考になりやすいとも表現できます。

攻撃的という言葉でさえも、善悪では考えないほうがいいのです。

腸内細菌である微生物、寄生虫は人を健康にする作用がある一方、人を非常に従属的にさせる作用があるという研究もあります。

藤田紘一郎氏は、「脳は騙されやすいが胃腸は原始的、生存的なのである。」と述べています。

原始的なものに人為的なことを施すことで、何が起こるかを想像しなければなりません。もしくは、想像すらもできないのかもしれません。

病気になったら、とりあえず強化乳酸菌製剤を飲ませると悪化するという論文は序の口で、正露丸がダメなのも同様の話です。

本来の腸内細菌は、白血球などの糖鎖と相性のいい糖鎖を持った菌が定住します。

しかし、発酵食品などの乳酸菌は小腸上部でほとんどが死滅し、腸管に到達するのは少量の生菌だけで、大半は死菌となります。

この過程があり、その上で毎日これが入れ替わることが重要です。

ちなみに、腸管に到達した生菌は、健康体ならほとんどが排出されて定住はしません。

腸内の菌に栄養を与えるといって、果糖や砂糖や食物繊維を与えすぎることも危険なようです。

菌は病気にならないから果糖や砂糖は害ではないという主張もありますが、これは単細胞生命体と多細胞生命体の区別ができていないといえます。

あと、発酵するから安全、腐るから危険という考えもよくないといえるでしょう。

さて、ここまで様々な意見を紹介させていただきました。

まるで右も左もダメだという印象になる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

最後にまとめさせていただくと、

善玉は善ではなく、悪玉は悪ではないということを理解しましょう。

腸内細菌叢、つまり腸内フローラは比率が重要で、多種多様な菌がいるか、もう少し言えば、いかに悪いとされている菌がたくさんいるかが健康への秘訣となります。

現在の医学や一般常識として、良いと思い込まれている菌は植物性食品を好む傾向があり、悪いと思い込まれている菌は動物性食品を好む傾向があります。

菌のことを専門のようによく言う人は、動物性食品である肉が悪いと言いますが、これは一度考え直さなければならないことです。

食がそう単純ではないように、菌の科学もまたそう単純ではないのです。

今までの話をまとめると、自分の食べている食材の比率、つまり動物性か、植物性かを自分の細菌の叢に合わせること、そして善玉よりも悪玉を多めに意識することが重要となります。

発酵食品も当然食べるようにしていいのですが、そればかりにならず、悪玉菌もそれ以上に摂るようにするのがいいといえるでしょう。

もちろん発酵食品、善玉菌が悪いというわけではなく、悪玉菌だらけになっている人は、一時的に善玉を多めに摂る必要があるということです。

発酵食品については、善悪という見方ではなく、必要かどうかの見定めを第一にしましょう。

必要な場合は、発酵食品を摂るのと同時に、悪玉菌を養う食べ方や悪玉菌自体を取り入れることも同時に考えます。

今の世の中は、発酵食品さえ摂れば健康になれる、万能酵母菌を摂れば健康になれる!ということをよく耳にします。

万能といえるほど、まだ人は菌のことを理解できていません。

そういった言葉に騙されないようにしましょう。

ちなみに納豆菌も非常に危険を秘めた菌です。一部の側面だけを見ての食べすぎには注意してくださいね。

菌に善悪はないのです。

この動画が少しでも役に立ちましたら、ぜひ家族や友人にすすめてください。

チャンネル登録、高評価をよろしくおねがいします。

それでは

音声で聞き流しできます

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.