Uncategorized

風邪のときに風邪薬を飲むのをおすすめできない理由

更新日:

みなさんは風邪をひいたことがありますか?

ひいたことがないという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

僕自身も当然風邪をひいたことがあります。

ここ数年、健康に気をつけてからも風邪をひいたことがあります。

しかし、風邪薬などは一切飲まずに風邪は治り、ぴんぴんしています。

風邪は万病の元と言われていますが、風邪の引き方や対処方法を間違うと、後に大病をしたりするかもしれません。

大病にならないためにも、風邪をひいたときにこそ適切な対処が必要です。

今日は、風邪という状態を理解し、適切な対処に目を向けてみましょう。

風邪について考えてみよう

さて、みなさんは風邪をひいたときに何をしますか?

多くの方は病院へ行き、診察を受け、風邪薬や咳止め、抗生物質などをもらいます。

多くの方がこうするように、現代の日本ではこれが常識となっています。

しかし、風邪薬や咳止め、抗生物質は本当に必要なものなのでしょうか?

改めて風邪について考えてみましょう。

風邪の原因とは
原因微生物の約90%はウイルス
風邪(かぜ)とは、上気道(鼻やのど)が微生物に感染することによって起こります。 原因微生物の約90% はウイルスが占めており、残りの約10%は細菌、マイコプラズマ、クラミジアなどウイルス以外による感染です。

-くすりと健康の情報局-

とあります。

次に風邪の症状を想像してみましょう。

喉が腫れる人もいれば、咳が止まらない人、鼻水が出る人、熱が出る人など、

「あなたの風邪はどこから?」

というCMがあるように、風邪の症状は人によって違います。

風邪薬がなにをしているかというと、症状を抑え込むためにあります。

風邪のつらい症状である、喉の痛み、咳、鼻水、発熱などを抑えます。

しかし、本当に抑えてしまっていいものかを考えてみましょう。

症状とはなにか考えてみよう

喉の痛みとは、多くが扁桃腺が腫れていることを指します。

扁桃腺が腫れる理由は、外部から侵入してきたウイルスや細菌などを付着させ、免疫に処理させるためです。

身体の深部を城の本拠地と例えるのであれば、扁桃腺は最前線であり、第一の門番だとイメージしてください。

その最前線の兵士たちが戦って扁桃腺は腫れているのですが、この腫れを薬で無理やり引かせてしまっていいのでしょうか?

このまま城の例でいうと、第一の門番を自ら退却させ、大切な本拠地へ誘導することに等しい行為です。

咳・鼻水についても考えてみましょう。

ウイルスや細菌は喉や鼻から侵入してきます。

咳は喉から追い出すため、鼻水は鼻から追い出すために、身体が防衛するために起こっている正常な機能です。くしゃみも同様に言えることです。

熱が出る理由は、身体の免疫力を高め、ウイルスや細菌を弱体化させるためです。

体温が1℃上がると、免疫力は5~6倍になると言われていますし、多くのウイルスや細菌は高熱の環境下では弱体化します。

熱も身体が防衛するために起こしてくれています。

身体が持っている防衛機能は素晴らしいと思いませんか?

倒すべき敵がいなくなってしまえば、喉の腫れは引くし、咳や鼻水も止まります。

熱も平熱に自然に戻るのです。

ここで改めて薬がやっていることを振り返ってください。

薬がすることは、症状を抑えることです。

つらいと感じる、喉の痛みや咳、鼻水、熱を対処しているのです。

しかしこれらには発生している大切な理由があり、安易に消してはいけないものです。

確かに風邪は、風邪薬を飲んでも治ったという方がほとんどでしょう。

それは、身体の症状を消し去っても、内部の免疫が対処してくれたからかもしれません。

内部に時間差で悪さをしてしまう可能性もあるのです。

風邪のときにどうするのが正解か

薬とは反対のことをしましょう

反対のこととはつまり、症状を抑え込まずに免疫力をサポートするということです。

これは簡単で、寝ていればいいです。

え、それだけ・・・

と、思うかもしれませんが、寝てるだけで十分です。

しかし病院へ行って薬を飲んで・・・としていた人は、なにかをしなければ落ち着かない人もいるかもしれません

でしたら、塩分を控えていない梅干しを食べ、水・お茶をしっかり飲み(スポーツドリンクやポカリスエットはダメ)、その上でしっかりと寝ましょう。

ちなみに鍼灸治療や多くの民間療法は、自己の免疫力をアップさせることを目的に行います。

人間の身体には素晴らしい機能が備わっています。

邪魔をするのではなく、本来の力を120%発揮できるようにサポートしてあげましょう。

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.