鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

Uncategorized

【糖尿病】特に情報の少ない1型糖尿病について

更新日:

音声で聞き流しできます

みなさんこんにちは。

今日は糖尿病、特に情報の少ない1型糖尿病についてお話させていただきます。

結論からいうと、1型糖尿病を自己免疫疾患と捉え、身体の毒素を抜いていくことが重要 です。

それでは詳しく見ていきましょう。

糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病の2つの型に分けられます。

1型糖尿病は、膵臓のインスリンを出すβ細胞が壊された糖尿病のことを指します。

そのため、昔はインスリン依存型と呼ばれていました。

ちなみに1型糖尿病というのはこの3つに分けられますが、目的は現代医学的な深堀りではないため、今回は割愛させていただきます。

1型糖尿病は、糖尿病全体の5%と言われており、自己免疫疾患つまり、自分の免疫が自分の正常な細胞を攻撃してしまう疾患に分類されています。

2型糖尿病はインスリンの分泌量が低下したり、インスリンが効きにくくなる糖尿病のことを指します。

インスリンが効きにくくなるということを、インスリン抵抗性といい、原因は糖質の過剰摂取、甘いものの撮り過ぎなどが上げられます。

そのため肥満の2型糖尿病の方には、ファスティングで内臓脂肪を落とすという選択肢がおすすめされることがあります。

ただし、やせている人にファスティングはおすすめできません。

1型糖尿病が全体の5%に対して2型糖尿病は95%を占めており、糖尿病のほとんどの方は2型糖尿病といえます。

2型糖尿病の多くは、インスリンが足りないわけではありません。

しかし現代医療の多くは、インスリンそのものを補う、インスリン注射での治療を行っています。

1型糖尿病と2型糖尿病をかんたんに表にしたものはこちらのようになっています。

発症年齢は、1型は若年に多く、2型は中高年に多いです。

症状は、1型は急激に症状が現れ、2型は症状が現れず気が付かないうちに進行することがあります。

体型は、1型はやせ型が多く、2型は肥満が多いが痩せ型もいます。

原因は、1型は遺伝といわれ、2型は生活習慣となっています。

治療法は、1型はインスリンの注射、2型は食事療法、運動療法、飲み薬、インスリン注射などとなっています。

原因と治療法は、あくまで西洋医学の観点で、個人的な意見は少し違います。

1型の原因は遺伝とされていますが、自己免疫疾患をどう捉えるかで生活習慣が原因にもなります。

この捉え方こそが1型糖尿病の改善方法につながります。

糖尿病の薬は、血糖降下剤、血糖吸収抑制剤、インスリン抵抗改善剤、インスリン注射が挙げられます。

血糖降下剤であるSU剤は、低血糖症やアシドーシスなどの副作用を引き起こす可能性があり、使用する価値はないという医師もいます。

ある研究においては、心筋梗塞が増えたというデータもあるようです。

血糖吸収抑制剤は最もマイルドな薬です。

ただ、これを処方される程度の糖尿病は、少し食事を変えるだけでいいレベルだと言えるため、薬に頼る必要はないのかもしれません。

インスリン抵抗改善剤であるアクトスですが、心不全や心筋梗塞、骨折しやすくなる、膀胱がんのリスクが訴えられているようです。

命に関わる副作用があるということです。

インスリン注射に関してですが、これだけは全否定が難しいです。

ただし2型糖尿病には必要なく、高血糖で昏睡している救急の場合だけ必要と主張している医師がいます。

つまり、ほとんどの薬は必要なく、救急で応急処置としての使用に限られて、有効であると言えるのかも知れません。

なぜインスリン注射を使わないほうが良いのか、は実は単純で、インスリンを打つことで身体がインスリンをより産生しなくなるからという理由です。

これはあらゆるホルモンでも同様です。

脳ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンも、全て足りないから入れれば解決とはいかないということです。

もちろん症状は消えますが、原因は解決しません。

なぜホルモンが出ていないのか、今回の糖尿病で言えば、β細胞がなぜ壊れてしまっているのかまで考え、本当の原因を解決する必要があります。

足りないホルモンを足すというのは、その場しのぎです。

本当の原因を解決してこそ、治療であると言えるでしょう。

ここでマイクアダムスの記録を見ていきましょう。

1890年、アメリカで1年あたり10万人に1人の子どもが1型糖尿病で死亡していました。

その後、21世紀である現在は1年あたり24人となりました。

1型糖尿病で死亡する子どもは年に3%ずつ増加しており、減る兆候がありません。

2型糖尿病は、現代食による肥満と糖質の過剰摂取で増加している。というのはご理解していただきやすいかと思いますが、同様に遺伝性といわれる1型糖尿病が増加しているのはなぜでしょうか。

ジャーナリストのダン・ハーリーは、1975年に1型糖尿病と診断されました。

調査の結果、1型糖尿病は本来珍しい病気であり、遺伝子要因とされていますが、事実をみると、環境もしくは生活習慣で発生している可能性が出てきました。

つまり、2型糖尿病と原因が類似していたのです。

糖尿病とその急増の理由として、自然の日光に当たることの不足、免疫を生む自然の病原菌の滅失(つまり清潔にしすぎ)、乳幼児の段階で牛乳に暴露する、汚染物質と発がん物質に常時暴露している、子どもの平均身長や体重が増加した(つまりβ細胞のインスリンの生成が加速された)

という5つが挙げられます。

反対に、この5つの理由に気をつけることで、自身やこれから産まれてくるお子さんの予防になると言えるでしょう。

殺菌・加工された牛乳は、1型糖尿病のような自己免疫疾患を促進することになります。

同時に現代はビタミンD不足です。

ビタミンDは日光に当たることで生成され、ビタミンD不足はワクチンや乳製品による自己免疫疾患を急増させても不思議ではないとされています。

しかし、そもそも医療が化学物質や食事の選択を認めていないため、自己免疫疾患を解決できるはずがないのです。

1型糖尿病を根本的に解決するためには、自己免疫疾患をいかに良くするか考える必要があります。

自己免疫疾患は、自身の免疫が暴走し、自身の正常な細胞を攻撃してしまうという病気とされています。

しかし本当に免疫が暴走しているのでしょうか。

免疫が暴走しているのではあれば、1型糖尿病だけになる人もいれば、リウマチだけになる人もいるのは不思議ではないでしょうか?

と考えると、免疫は正常であり、攻撃される細胞に異常があると考えたほうが自然なのです。

先程も挙げられた化学物質や牛乳の問題にあるように、現代の毒素というのは脂溶性の毒素が多く存在しています。

脂溶性は油に溶けるもの、水溶性は水に溶けるものです。

油に溶ける脂溶性の毒素は、細胞の一番外側の壁を通過し、細胞の中に入ってきます。

それらの毒素を目掛けて免疫が攻撃することで、自己免疫疾患が起きていると考えられるのです。

つまり、いかにこれらの毒素を身体の外に追い出すかが、1型糖尿病を改善する鍵となります。

方法は様々です。脂溶性毒を出すということに着目しましょう。

私の周りには、低温サウナやゴッドクリーナーというデトックスの足湯などがあります。ご自身に合った方法を探してみましょう。

以上のことをまとめると、糖尿病の薬は救急時以外は不必要なものばかり(ただし自己判断で突然やめるのは危険)で、2型糖尿病は、まず生活習慣の改善。1型糖尿病は遺伝性であるとされているが、2型糖尿病と原因が類似しているため、環境や生活習慣の改善、自己免疫疾患という観点から、脂溶性毒素のデトックスが推奨されるということです。

この動画が少しでも役に立ちましたら、ぜひ家族や友人にすすめてください。

チャンネル登録、高評価もよろしくおねがいします。

それでは

音声で聞き流しできます

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.