Uncategorized

Q:多汗症によって水虫や汗疹ができますが、予防手段はありますか?

投稿日:

Q : 自分は多汗症でして、手足に汗をよくかきます。夏になるとよりいっそう汗を掻くので、水虫や汗疹、デキモノができることがあるので、何か予防の手段があれば聞いてみたいと思いました。

A : 多汗症であることと、水虫や汗疹とデキモノでできることを切り離して考えましょう。

多汗症の原因は、多くは自律神経のバランスがずれていることとされています。
が、結構これは精神的なものにも左右されますし、短期では治りにくいです。

シャワーを浴びるとき、冷たい水と暖かいお湯を交互に足先や手先に当てると自律神経は多少整いますので、やってみるだけやってみてもいいかもしれませんね。

それと水虫や汗疹やデキモノについてです。

デキモノはものによって原因が様々なので少し別にしておいて、水虫や汗疹は汗をかくとできやすいのは確かですが、実は別問題として捉えることができます。

汗自体に問題があるから水虫や汗疹ができるという可能性がありますね。

そしてこれらに言えることは、まさに糖質を抑える必要があると思います。

子どもが頻繁に鼻水を出している場合、鼻の下がかぶれてしまうことがあります。

ちなみに現代の子どもは特に多いのですが、これは基本的に体液のpHが狂っているからと言えます。

昔の子どもは常に鼻水をたらしていても、かぶれてしまうことは早々なかったそうです。

pHが狂う原因のほとんどが糖質といってもいいかもしれませんので、まずは糖質を減らしてみるのがいいですね。

ある意味同じなのですが、次に活性酸素などを気にしてみるといいと思います。

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.