鍼灸師のセルフケア推奨ブログです

kumablog

Uncategorized

西洋医学と東洋医学を適切に使い分けよう

投稿日:

西洋医学と東洋医学を適切に使い分けよう

現代医学とは西洋医学のことを指します。

病院というのは基本的に西洋医学を行なう場所です。

「うちの先生は漢方を処方してくれるから安心!」と言う患者さんがたまにいますが、漢方のほうが聞こえがいいのです。

現にそう主張する方は、漢方だから優しいという思考停止状態になっているかもしれませんのでお気をつけください。

病院側の策略にまんまとハマらないようにしましょうね。

私自身は鍼灸師であるため、東洋医学の人間です。

しかし決して西洋医学は悪だ!と言いたいわけではありませんし、東洋医学にも欠点があることを重々承知しています。

私の主張は、西洋医学と東洋医学とのどちらがいいということを言いたいわけではなく、どちらにも良さがあると同時に欠点もあることを1人でも多くの人が理解し、個人の判断で使い分けられるようになってほしいということです。

そして、病院も鍼灸院も経済活動ということを忘れないでください。

西洋医学の役割

西洋医学の本質的な医学の考え方としては、救急医療がベースになっています。

昔は骨折や切り傷などが主な死因となり短命でしたが、西洋医学の登場によってケガに対処することが可能になり、それらが死因になることはグンと減りました。

現代になっても救急医療の分野は、東洋医学やその他の民間療法では西洋医学には到底及びません。

救急医療が必要な時、つまり“死にそうな時”は素直に病院を利用しましょう。

逆に言えば、死にそうな時以外には病院へ行かなくていいと判断しています。

寝てたら治るものや慢性疾患の場合は、病院へ行く必要がないということです。

東洋医学の役割

救急医療に価値のある西洋医学に対して、東洋医学やその他の民間療法は慢性的なものに効果を発揮します。

東洋医学といっても漢方や鍼灸と違いはあるかもしれませんが、予防に真価があるとも言えるでしょう。

慢性疾患の多くは生活習慣病です。

私は一般的に生活習慣病と言われている高血圧や二型糖尿病などのことだけではなく、風邪やガンなども含めて生活習慣病と言っています。

東洋医学が高血圧に対して、糖尿病に対して、風邪に対して、ガンに対してどのような治療を行うのか。という点に目が行きがちですが、その時点で西洋医学の考え方に染まっています。

その考え方というのは“対処”です。今目の前で起こっていることに対して対処をするというのが西洋医学であり、救急医療ではその考え方が最も適しているのです。

逆に、高血圧に“対処”をするとどうなるでしょうか?

答えは、“血圧を下げる”です。

一見正しいように感じる人もいらっしゃると思いますが、“なぜこの人は高血圧なのか”を考える必要があるのです。

目の前で起こっていることにまず対処するが西洋医学なのです。

そして東洋医学では、その患者の身体を独自の診断方法によって判別していき、何が原因にあるかを探ります。

高血圧であっても、自律神経の乱れや冷え、肩こり・・・と様々な原因、要素を治療していきます。

西洋医学と東洋医学を適切に使い分け、日々の健康を保ちましょう。

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.