Uncategorized

冷えの原因とその対処を間違えると意味がない

投稿日:

“冷えは万病の元”と言われますが、元というより結果である場合もたくさんあります。

鍼灸治療では脈やお腹の固さ、ツボの反応によって身体をチェックしていきますが、冷えの強い方でもそれらの所見は大きく異なります。

脈で冷えの反応もありますが、それは表面的な体温としての意味もありますし、代謝そのもの(体内での熱の産生やエネルギー産生)がうまくいっているかどうかという意味もあります。

仮に冷えの所見がなかったとしても、自律神経を整えてあげたり、瘀血(古い酸化した血液)をとってあげると冷えが改善されることが多々あります。

夏野菜は身体を冷やすのではなく、余分な熱をとってくれます。

冷蔵庫で冷やした野菜を食べれば冷えるのは当然です。

避けるべきは冷えすぎた夏野菜であり、夏野菜そのものではありません。

自律神経による冷えなのに、ただ身体を温めていても効果は薄いということであり、原因を適切に見極めることが重要となります。

また、人それぞれ違うのは当然ですが、その時々で冷えの原因は変化します。

前回の治療の際の冷えの原因は食べ物だったが、今回は自律神経ですね。

ということは当たり前にある話です。

身体は状態に応じた反応を示しています。

その時の状態にあった治療を受けられるといいですね。

-Uncategorized

Copyright© kumablog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.